<Wild Exhust3>

2003年8月28日から30日の3日間、アメリカ・ミシガン州ミルウォーキーで ハーレー・ダビッドソンの100周年を祝うイベントが開催された。ハーレー本社を始め、工場やパーツ部門、直営販売店やディーラー、その他、パブやレストラン、バー、広場、キャンプグラウンドなどなど、ミルウォーキーのありとあらゆる場所でパーティーが行われていた。そんなお祝いムード一色に染まったミルウォーキーに全世界から駆けつけたハーレーライダーの数は30万人以上!!普段ひっそりと静まり返った田舎町は、突然ハーレーの大群に占拠されたかのようだった。

本社も工場もハーレーと名のつく場所はどこもかしこもハーレーが溢れ返り、ミルウォーキー・ビールのミラーを片手に記念写真大会で、みんな和やかにハーレーの100周年バースデーを祝い続けた。

イベントも各地で様々な催しが行われた。ミュージアムではハーレーの100年を振り返る貴重な展示が行われ、歴代の名車やデザインの変遷、最新のモデルの開発途中のモックアップやイメージイラストなど、滅多に見れない貴重な資料も多数展示された。フェスティバル会場ではロックやカントリーの生演奏、バイクスタントからビキニコンテスト、タトゥーコンテストなどなど、楽しいイベントも行われていた。

他にもスワップミートやパーツの叩き売り、改造ハーレーのコンテストやセクシーガールのダンス等、大人から子供まで楽しめるイベントが目白押し!最後は10000台のハーレーによるパレードがミルウォーキーのメインストリートを閉鎖して行われ、ミルウォーキーの市民全員がハーレーの100歳の誕生日を祝っていた。

老若男女、全ての人が笑顔で心からこの週末を楽しんでおり、これはちょっと日本では見られない光景だなぁ〜と感じるほど素晴らしい週末でした。

ハーレーファン 必見のDVDです!!