casa_mila_gaikan.jpg

<Casa Mila 〜カサ・ミラ〜>

波の様にうねった外観、屋上の兵士のような煙突、カタルーニャの言葉で石切り場という意味の

ラ・ペドレラ。その直線の無い未来的造形は、今でも斬新だ!

しかし、カサ・ミラの魅力は外観だけではない。

中の造形がまた、素晴らしい!

casa_mila_roof.jpg

ロビーの柱の上につけられた造作。天井に描かれたパステル調の絵画とともにここを訪れるものを

優しい気持ちにさせる。

casa_mila_roof_art.jpg

ガウディの愛弟子、ジュジョルが制作した天井の造作。

感性から産み出されたこれらの造形は、見るものの琴線を振るわす。

casa_mila_entotu1.jpg

屋上に造られた出口の塔。

ガウディ得意の立体十字を控えめにかたどっている。

casa_mila_entotu2.jpg

とぼけた顔が笑いを誘う。

casa_mila_entotu3.jpg

煙突一つとってもこの形だ!これがガウディの魅力!

ガウディはこの建物を、マリアの彫刻の台座として考えていたと言われるが、

当時のバルセロナに吹き荒れたアナーキズムの風潮を恐れたオーナーは、

それをついぞ、つける事を許さなかった。

casa_mila_ave.jpg

Aveは、アベマリアのAveだ。ビルの周囲にそれとなく、マリアをたたえる言葉が刻まれている。

casamila_SF_b.jpg

カサ・ミラの屋上から見える、サグラダファミリア 受難のファサード。

まさに、計算され尽くした設計。